WordPress自動インストール付き格安レンタルサーバー比較

WordPress簡単にインストールができる機能がついているレンタルサーバーを調べました。
最初は費用を低く抑えてWordPressを使いたい方など、価格比較表を作りましたのでレンタルサーバーを選ぶときの参考にしてください。

  • 今回の条件
  • 月額1000円以下
  • WordPress簡易インストール機能がついているもの

WordPress自動インストール機能つきレンタルサーバー価格比較表

レンタルサーバー 初期費用 月額費用 容量 転送量/日 マルチ
ドメイン
MYSQL
さくらのレンタルサーバ スタンダード 1,029円 515円 100GB 80GB 20個 20個
ミニバード 1,620円 270円 50GB 5GB 50個 5個
ファイアバード 2,160円 540円 100GB 10GB 無制限 10個
ラクサバ
(ラクラクライト)
1,540円 258円 10GB 月間60GB 6個 2個
ラクサバ
(ラクラクベーシック)
1,540円 412円 30GB 月間200GB 20個 10個
ラクサバ
(ラクラクゴールド)
1,540円 986円 60GB 月間600GB 100個 25個
ロリポップ!
(ロリポ)
1,620円 270円 50GB 5GB 50個 1個
ロリポップ!
(チカッパ)
1,620円 540円 120GB 10GB 100個 30個

※月額費用は年間(12ヶ月)申し込みをした場合の料金に消費税8%を追加した価格です。

転送量とは

転送量とは、Webページを閲覧する時に、サーバーから呼び出されるデータの量(webページの表示など)のことを言います。
webページの表示、メールの送受信、サーバーにファイルをアップロード、ダウンロードするなど、すべてのデータ量の上限となります。
Webサイトにアクセス数が多くなるほど転送量は多くなります。

例えば画像も含めて、1ページ当たりの容量を100kBとします。
1,000ページ閲覧された場合は、100kB×1,000アクセス=100,000kB(100,000kB=100MB)
10倍の10,000ページの時は、1,000,000kBです。(1,000,000kB=1,000MB=1GB)
10,000ページを閲覧された場合は1GBの転送量になります。
1日に3,000ページを閲覧されると300MBの転送量になり、30日で計算すると300MB×30日で9GBの転送量になります。

マルチドメインとは

マルチドメインというのは契約した1つのサーバーで取得した独自ドメインを複数管理することができます。
このサイトはhyaku.infoですが、例えば、2hyaku.comや3hyaku.infoというドメインを取得していた場合、
3つのドメインを使ってサイトを作ることができます。

MYSQLの数

WordPress4.0(2014年10月現在)を使う場合、必要な動作環境は、
PHP バージョン 5.2.4 以上
MySQL バージョン 5.0 以上
となります。
独自ドメインを使って複数のサイトをWordPressで作りたい場合は、使用できるMySQLの数を確認します。
MySQLが1個の場合、WordPressでサイト作成ができるのはひとつになります。(WordPressにあるマルチサイト機能は除きます)

比較表のまとめ

安心してサイト運用をしたい場合は、価格が上がりますがサポートのしっかりしたレンタルサーバーを選ぶほうが、賢明でしょう。まずは予算を低く抑えたい方に参考にしていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly