OGP設定 Facebook・Twitter ソーシャルメディアで情報を共有する #1

Open Graph Protocol(OGP)出力をプラグインを使わずWordPressテーマに設定する準備編です。
ひとつ前の記事Twitter Cards設定では、OGP出力とTwitter Cards出力の設定ができるプラグイン、WP SiteManagerを使っていました。
プラグインを使うとfb:app_idの設定を別にすることになるので、プラグインを使わずOGPとTwitter Cardsの出力する設定にしました。

Open Graph Protocol(OGP)について

Open Graph Protocol(以下OGP)とは、Facebookにより策定された、セマンティックを記述するための仕様がOGPになります。Googleの+1ボタン、mixiチェックボタンなどソーシャルメディアでサポートされています。

セマンティックは、情報の構造化と意味を記述することでコンピューターに記事に書かれた内容の意味を理解しやすくするための仕様です。
HTML MicrodataとSchema.orgもセマンティックを記述するための仕様になります。

OGPの設定

Facebook OGPリファレンスに掲載されている内容を参考に設定します。
必須プロパティは下記4つです。

  • og:title – ページのタイトル
  • og:type – ページのタイプ
  • og:image – ページのサムネイル画像
  • og:url – ページのURL

またOGPはTwitterにも有効ですので、Twitter Cardsのtwitter:title、twitter:description、twitter:image:srcの設定はOGPを利用します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly