WordPress はじめてのmicrodataマークアップ

WordPressテーマに構造化データを使用してマークアップをするために、
セマンティックWeb、リッチスニペット、schema.org、microdataについて調べた備忘録です。

構造化データ
検索エンジン向けに解説をつけて、何がどこに書いてあり、どのようなジャンルのウェブページなのかを書き出したデータ。
HTMLやXHTMLに追加して検索エンジンにもわかるように意味付けをする技術。

リッチスニペット
検索結果一覧に出てくるウェブページの説明文にタイトルと本文抜粋に加えて、サムネイルやその他の情報を表示できるようにすること。検索結果を見て、より目的のページを探しやすくする。

下記の検索結果の画面の著者名や、レビュー情報、パンくずリストが、リッチスニペットに対応したものになります。

リッチスニペット参考 リッチスニペット参考

私たち人間はこの文章を見て、大西賢示という名前で、はるな愛というニックネームで呼ばれていると察しをつけることができます。

検索エンジンはこの文章を認識して、名前とニックネームだということを明確に定義づけることがむずかしいのです。
そのため情報の意味を検索エンジンに明確に伝えて、コンピュータが効率よく情報を収集・解釈できるようにすることがセマンティックWebの構想です。

コンピュータが効率よく情報を収集できるようにするための仕様はHTMLにマークアップします。さきほどの大西賢示さんとはるな愛さんの文章をマークアップすると下記のようになります。

itemscope itemtype=”http://schema.org/Personという値をつけて人についての内容を宣言しています。
itemprop=”name”が名前の値、itemprop=”nickname”がニックネームの値です。
値を定義しているものをボキャブラリーと呼びます。ボキャブラリーの代表的なものにschema.orgがあります。

schema.orgはGoogle、Microsoft、Yahoo!がウェブの改善を目的として共同で進めている、構造化データマークアップの共通仕様を策定する取り組みです。

schema.org(英語)は、検索エンジン大手の Google、Microsoft、Yahoo! がウェブの改善を目的として共同で進めている、構造化データ マークアップの共通仕様を策定する取り組みです。オンページ マークアップにより、検索エンジンはウェブページ上の情報を認識し、より有用な検索結果を提供できます。共通のマークアップ ボキャブラリを使用することで、ウェブマスターは容易にマークアップ スキーマを決定でき、労力に対して最大限の効果を上げることができます。
schema.org に関するよくある質問

定義づけしたい特定の情報にHTMLマークアップする(メタデータをつける)ことで、検索エンジンにその情報の説明をつけることができます。ボキャブラリーは値を定義しているものです。HTMLにマークアップするためには仕様が必要になります。その仕様をシンタックスと呼びます。

リッチスニペットを利用するためのメタデータをつけるマークアップ(シンタックス)形式は3つあります。

  • microdata
  • microformats
  • RDFa

3つのうち、Googleがおすすめしているのはmicrodataになっています。

microdataについて

HTML5 microdata(リンク先は英語)は、特定の種類の情報(レビュー、人物、イベントなど)を記述するコンテンツにラベル付けする方法の1つです。情報の種類によって、人物、イベント、レビューなど、記述する特定の種類のアイテムがあります。たとえばイベントには、会場、開始時間、名前、カテゴリなどのプロパティがあります。
microdata について

まとめ

schema.orgについてどの型、プロパティを選べば正しいのか、自分の中に落とし込めていないため不明瞭です。
構造化データを使ってマークアップをしても検索順位に影響はないようです。
Googleウェブマスターの説明にも下記のように掲載されています。

リッチ スニペット用にデータをマークアップしても、検索結果でのページの掲載順位は変わりません。また、マークアップが必ず使用されるとは限りません。
リッチ スニペットと構造化データについて

構造化データのマークアップに取り組んでいなかったので、知ること、調べることは無駄じゃないだろうという、ゆるい気持ちで今後も調べたり追加修正していきます。
マークアップの実践記事は、著者名とブログのアウトライン、パンくずについて書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly