WordPress はじめてのmicrodataマークアップ実践#3

構造化データを使用してパンくずのマークアップをします。
パンくずもschema.org仕様でマークアップしようと思いましたが、
Googleの検索結果のリッチスニペット対応するパンくずリストはdata-vocabulary.org仕様のものになっています。

Googleウェブマスターツールの説明にあるパンくずリストのmicrodataマークアップ方法でもdata-vocabulary.orgを使用しています。
リッチ スニペット – パンくずリスト

schema.org仕様のパンくずリストが表示されないのは、下記のサイトに説明がありました。

schema.orgのサイトが示している構造化データの例そのものが正しくないようです。
itempropは個々の“パンくず”(テキスト)に付けるべきなのに、パンくずリストをひとまとまりとしてitempropを設定しています。
そして属性はURLであるべきなのだそうです。
でもschema.orgの現在の仕様はそうなっていません。
schema.orgのパンくずリストがリッチスニペットとしてGoogle検索に表示されない理由

schema.org仕様でパンくずをマークアップし、Googleウェブマスターツールのテストツールで確認するとパンくずとして認識はされますが、検索結果プレビューでリッチスニペット対応になりません。
schemabreadcrumb
schemabreadcrumb

schema.orgの構造化データが修正されるまでは、data-vocabulary.orgを使ってパンくず部分をマークアップします。
下記サイトを参考にさせていただきマークアップしました。個別記事のタイトルが出力されていなかったので、その部分は追加しました。固定ページの現在位置が取得できず、Home>で終わっています。
いずれschema.org仕様に修正するかもしれませんので、function.phpに追加ではなく、別ファイルにしました。

参考サイト
WordPressでパンくずリストをmicrodataを使ってマークアップするやり方

data-vocabulary.orgでマークアップしたものをテストツールで確認すると検索結果プレビューでリッチスニペット対応になり、パンくず表示されています。
data-vocabulary.org breadcrumb
data-vocabulary.org仕様でパンくずをマークアップすると、テストツールでは以下のようにパンくず1つずつ認識されます。
data-vocabulary.org breadcrumb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly

関連記事