MAMPの使い方 起動と初期設定

MAMPの初期設定、ポートの変更を紹介します。
Wordpressを本番のサーバーにアップする前の確認のため、ローカルサーバーを構築する続きになります。

MAMPの起動

アプリケーションからMAMPフォルダの中にあるMAMPアイコンをクリックして起動します。
LaunchPadにもMAMPアイコンがあるのでそちらをクリックしても起動できます。
mamp-start

MAMPが起動したら、右下のサーバーを起動をクリックします。
問題なく動いている場合は、右上にあるApacheサーバー、MySQLサーバー、それぞれの横にあるボックスが緑色になっています。

mamp-start
サーバーを停止したい場合には、右下のサーバーを停止をクリックします。

MAMPの初期設定

MAMPを起動したときに、左下の設定をクリックすると、スタート/ストップ、ポート、PHP、Apcheのタブがあります。

スタート/ストップの設定

mamp-set01
チェックボックスの必要な項目にチェックを入れて、スタートページの場所を設定し、OKボタンをクリックします。

ポートの設定

port88
MAMPの初期設定は、Apacheのポートが8888、MySQLのポートが8889です。
ApacheとMySQLのポートを80と3360に設定のボタンをクリックして、ポートを変更します。

mampport80
ポートを変更すると、ブラウザでアクセスするURLがhttp://localhost:8888/からhttt://localhost/になります。

PHPの設定

mamp-php
PHPのバージョンとキャッシュが設定できます。
WordPressを動かしたい場合、日本語版の動作環境PHP バージョン 5.2.4 以上が必要です。

Apacheの設定

mamp-set-apache
Apacheのドキュメントルート初期設定は/アプリケーション/MAMP/htdocsです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly