Google Adsense広告設置 はじめてのマネタイズ#02

WordPressでGoogle Publisher Pluginを使ったGoogle AdSenseの設定方法を紹介します。

Google Publisher Plugin (beta)とは

GoogleがWordpressサイト運営者向けに提供しているプラグインです。
2014年7月現在、プラグインのバージョンは2.0です。
管理画面からインストールする場合は、
WordPress管理画面 > プラグイン > 新規追加 > Google Publisher Pluginを検索

広告の設定

プラグインをインストールすると“Google サイト運営者向けプラグイン”の表示になります。
プラグイン管理ページにあるGoogle サイト運営者向けプラグインの設定をクリックします。
Google AdSenseのIDを入力します。

設定画面から広告を管理をクリックします。
ウェブマスターツールと連携していると、画像のような表示になります。
google plugin

Googleサイト運営者向けプラグインは、別のプラグインなどで設定しているAdSenseスペースは管理できません。
このプラグインを使う場合は、今までのAdSenseスペース設定を削除します。
プラグインの設定を開始すると、サイトの分析が行われます。サイト上の広告を表示できる場所が検索され、配置場所が表示されます。

表示された緑色の四角部分がプレースメントになります。プレースメントは、広告が表示される場所になります。
プレースメントを削除する場合は、緑色の四角の中の×をクリックします。

別のプレースメントを追加する場合は追加したい場所の赤いマーカーをクリックします。
プレースメントを設定できるのはテンプレートにつき3つまでとなります。

woordpress-google-plugin

WordPressテンプレートに設定

設定画面の左上にテンプレートのプルダウンメニューがあります。
プルダウンメニューからテンプレートを選択します。
テンプレートの種類は、第1面(トップページ)、単一記事(シングル)、単一ページ(固定)、カテゴリ、アーカイブになります。
テンプレートをそれぞれ選択して、広告の位置を決めます。
テンプレートのプルダウンメニューの隣に、デザインとプレビューボタンがあります。
プレビューボタンをクリックすると広告のプレビューができます。

広告の位置が決まり、表示を開始するには、右上にある保存して開始ボタンをクリックします。

Adsense管理画面の広告ユニット

広告の表示を開始したあとに、Adsense管理画面の広告ユニットを確認すると、第1面、単一記事、単一ページ、アーカイブ、カテゴリの広告設定した本数分、登録されています。

adsense広告ユニット

別の広告場所を設定したい場合

プレースメントを追加したい場所にマーカーがない場合は手動で設定できるようです。
Google サイト運営者向けプラグインにプレースメント コードを手動で追加する

Google Publisher Pluginを使ってみて

はじめてWordPressでGoogle Adsenseを設定する場合は、Google Publisher Pluginを使うと簡単に設定できるので便利です。
すでにほかの方法で設定をしている場合は、改めて入れる必要はないと思います。
WordPress管理画面でGoogle Analytics、Googleウェブマスターを確認できるようになると便利に感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly