Google Adsense申請方法 はじめてのマネタイズ

Google Adsense(グーグル・アドセンス)の申請手順を紹介します。
AdSenseを利用するために、まずGoogleアカウントの取得が必要になります。
また広告配信するためのWebサイトも必要です。

Google Adsense(グーグル・アドセンス)とは

GoogleがWebサイト運営者に提供している広告サービスです。
サイトの内容に関連のある広告を自動的に配信し、クリックの回数によって運営者に広告料が支払われます。
Google Adsense

申請の流れ

広告サービスの配信を受けるためにはWebサイト内容の審査があります。
2014年7月の時点で一次審査と二次審査がありました。
審査から広告配信までの流れは次の通りです。

googleアカウントを持っている方は同じアカウントを使うか、新規アカウントを作るか選択し、アカウントを作ります。
アカウント作成

一次審査ではWebサイトやブログのURLを申請フォームで入力して送信します。
またGoogle Adsenseの利用規約、プライバシーポリシーがありますので、目を通しておきます。
自分のサイトに掲載されている広告をクリックをしてはいけません、アダルトコンテンツに広告は掲載できません、Google Adsenseのアカウントはひとつしか持てません、など6つの項目があります。

申請フォーム

一次審査に通るとメールが届き、Google AdSenseの管理画面にログインできるようになります。
一次審査通知メール

管理画面で広告ユニットを作成し、申請したWebサイトやブログに広告コードを貼ります。
管理画面広告選択
広告コード

このサイトは、審査用の広告コードをサイドバーに貼りました。
ウィジェット画面

二次審査が通るまでは広告を貼った場所は空白になります。審査に通りますとメールが届きます。
合格通知メールの前後で広告が配信されて表示されるようになります。
二次審査通知

申請方法のよくある注意事項について

はじめての申請でしたので、注意事項があるのか調べたところ、アドセンス申請について書かれているブログでよく目にしたのは、外部リンクや画像を貼らない、という内容が出てきました。

リンクを外すのは面倒だったので、そのまま申請

アドセンス申請を目的としたサイトではなかったので、事前に注意事項を調べていませんでした。
すでにアップしてある記事は参考サイトのリンクを貼っているものもいくつかあったのですが、
二次審査も1日で通りましたので、外部リンクはほかの記事で言われているほど、問題ないのかと思います。

アフィリエイトなどの広告リンクは何もつけずに申請しました。広告系リンクがある場合は、審査が通るのかわかりません。

申請前に設定したもの

アドセンスの申請にどれだけ影響があるのか不明ですが、Google関連で設定したものなどをご紹介。ご参考までに。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。
これからGoogleアドセンスに申請される方の参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Share・Feedly